文字サイズ


特別展・企画展のご案内

令和4年度秋季特別展 開館30周年記念「里帰り!日本最大の銅鐸―太古の響きを安土の地で―」

開催期間:2022年10月8日(土)~11月20日(日)

 安土城考古博物館の開館30周年を記念する秋季特別展では、滋賀県を代表する考古遺物である大岩山銅鐸を紹介します。
 大岩山銅鐸とは、野洲市大岩山から明治14年に14点、昭和37年に10点の合計24点が出土した銅鐸です。ごく近接した地点から出土していて、島根県加茂岩倉遺跡から39点の銅鐸が発見されるまでは、全国でもっとも多い銅鐸出土場所でした。多数の銅鐸の埋納例はほとんどが弥生時代中期の銅鐸であるのに対して、大岩山銅鐸は巨大化した後期のものです。後期の銅鐸多数埋納遺跡としては全国でも突出した例ですが、そのなかには日本最大の銅鐸も含まれていました。邪馬台国が現れる直前の段階に、なぜ近江の地に大量の銅鐸が埋納されたのでしょうか。
 今回は東京国立博物館が所蔵する日本最大の銅鐸をはじめとする大岩山銅鐸を集め、これを軸にしてその前後の時代に近江の地が担ったと考えられる歴史的な役割を探ってみます。

チラシPDFはこちら

《会期》
2022年10月8日(土)~11月20日(日)

《会場》
企画展示室

《会期中休館日》
10月11日(火)・17日(月)・24日(月)・31日(月)
11月7日(日)・14日(月)

《入館料》
大人900(690)円、高大生640(470)円、
小中生420(310)円、県内高齢者(65歳以上)460(350)円
※( )内は20名以上の団体料金です。
※2022年8月1日(月)~信長の館休館のため共通券販売は行っておりません。

【主な展示資料】
・明治14年出土大岩山銅鐸
 ・東京国立博物館所蔵2点(重文)
 ・辰馬考古資料館所蔵2点(重文)
 ・天理参考館所蔵1点
 ・知恩院所蔵1点
 ・國學院大學博物館所蔵1点
・昭和37年出土大岩山銅鐸
 ・当館所蔵10点(重文)
・新庄銅鐸(倉敷考古館所蔵(重文))
・山面銅鐸(東京国立博物館所蔵)
・古冨波山古墳出土銅鏡(個人蔵)
・大岩山第二番山林古墳出土銅鏡(東京国立博物館所蔵)
・大岩山古墳出土銅鏡(知恩院所蔵)ほか

《関連行事》
◇企画展関連博物館講座◇
2022年10月15日(土)
第1回
「大岩山銅鐸と弥生時代の祭祀」
講師:井上洋一氏(奈良国立博物館館長)

2022年11月5日(土)
第2回
「弥生時代後期の近江と大和」
講師:桑原久男氏(天理大学文学部教授)

往復はがきにて要申込
※申込方法詳細はこちら

時 間:13時30分~15時
会 場:当館セミナールーム
参加費:各回300円(当日支払い)
定 員:70人(申込先着順)

おうちで博物館

休館日のお知らせ

▼ NEW!!  ▼ 

\ 博物館公式SNS /

  

 

《2022年》

★9月の休館日
5日、12日、20日、26日

★10月の休館日
3日、11日、17日、24日、31日

★11月の休館日
7日、14日、21日、28日

★12月の休館日
5日、12日、19日、26日、
28日~31日

《2023年》

★1月の休館日
1日~4日、10日、16日、
23日~31日

★2月の休館日
1日~3日、
6日、13日、20日、27日

★3月の休館日
6日、13日、20日、27日

携帯用サイトQRコード

携帯用サイトはこちら


スマートフォン用サイトQRコード

スマートフォン用サイトはこちら


まめのぶくんです

誕生日:6月2日
年齢:ナイショ

詳しいプロフィールは
こちらを見てね!