文字サイズ


その他展覧会情報

特別陳列「近江の遺跡発掘成果」Ⅰ「古墳時代の工芸職人―栗東市辻遺跡―」

開催期間:2021年6月8日(火)~7月14日(水)

ガラス製品自体まだきわめて希少だった古墳時代中期。この時代に、近江でもガラス製小玉を作っていたことを示す道具と工房跡が発見されました。滋賀県では初めての発見です。
その道具とは、溶けたガラスを流し込んで小玉を作った鋳型です。直径10㎝足らずの土製円盤に蜂の巣のように小さな穴をたくさんあけて、この穴を鋳型としてガラス小玉を作ったものです。辻遺跡では古墳時代中期(5世紀前半)の竪穴建物からこの破片が出土しており、この建物がガラス製品の製作工房であったことを示しています。

今回は一般国道8号野洲栗東バイパス建設工事(平成29年3月11日起工)に伴い平成30年度から始まった発掘調査のうち、令和元年度に発見された栗東市辻遺跡の成果について紹介します。

チラシPDFはこちら

《会場》
滋賀県立安土城考古博物館 望楼下

《入館料》
大人500(400)高大生320(260)小中生無料
※障害のある方および県内在住の65歳以上の方は無料です。
(ただし証明書の提示が必要)
※( )内は20名以上の団体料金です。

=信長の館との共通券=
大人900円、高大生510円

【主な展示資料】
辻遺跡出土ガラス小玉鋳型、韓式系土器、椀型滓(滋賀県蔵)
辻遺跡出土遺物写真(滋賀県蔵)
辻遺跡出土状況写真(滋賀県蔵)

館長ブログ Facebookページ

休館日のお知らせ

NEW!!

《2021年》

★6月の休館日
7日、14日、21日、28日

★7月の休館日
5日、12日

★8月の休館日
30日

★9月の休館日
6日、13日、21日、27日

携帯用サイトQRコード

携帯用サイトはこちら


スマートフォン用サイトQRコード

スマートフォン用サイトはこちら


まめのぶくんです

誕生日:6月2日
年齢:ナイショ

詳しいプロフィールは
こちらを見てね!