文字サイズ


その他展覧会情報

でかける博物館in滋賀県立安土城考古博物館「6世紀の武器と武具―寛弘寺75号墳と継体大王―」

開催期間:2019年7月20日(土)~9月16日(月・祝)

大阪府立近つ飛鳥博物館と滋賀県立安土城考古博物館の連携企画として、所蔵資料を交換展示する「でかける博物館」を開催します。

河内の寛弘寺(かんこうじ)古墳群では古墳時代をとおして墳墓が築かれ、その出土遺物からは各時期の副葬品の様相をみてとることができます。

とくに未盗掘の状態で発見された75号墳では、くちばしのような形をした衝角付冑(しょうかくつきかぶと)や小札甲(こざねよろい)、貴金属を用いた装飾付大刀など6世紀の武器・武具の様相をよく反映した副葬品セットが出土しました。
そのなかでも、捩り環(ねじりかん)をとりつけた捩り環頭大刀は、馬具の三葉文楕円形杏葉(ぎょうよう)などとおなじく、継体天皇やその擁立に関わった勢力との関係性が指摘されるものです。これらは北陸や淀川流域とともに滋賀県でも多くみられます。

今回の展示では、それら特徴的な武器や武具を出土した大阪の古墳について、共伴した資料を交えて紹介します。

《会場》
滋賀県立安土城考古博物館 望楼下

《入館料》
大人500(400)高大生300(240)
小中生、県内高齢者、障害のある方は無料
※( )内は20名以上の団体料金です。

【展示資料】
寛弘寺古墳群 75号墳
衝角付冑、捩り環頭(ねじりかんとう)、大刀、鉄鉾、鉄鏃、
小刀飾金具、装飾付小刀〔復元模造品〕、
馬具 鏡板・杏葉・雲珠(うす)・辻金具、
須恵器 台付はそう・坏身(つきみ)・坏蓋(つきふた)

★でかける博物館in大阪府立近つ飛鳥博物館の情報はこちら
「百舌鳥・古市古墳群の時代の近江 黒田長山4号墳出土の短甲」
…安土城考古博物館の資料を大阪府立近つ飛鳥博物館で展示します。

館長ブログ Facebookページ

休館日のお知らせ

2019年

9月の休館日
2日・9日・17日・24日・30日

10月の休館日
7日・15日・21日・28日

11月の休館日
5日・11日・18日・25日

12月の休館日
2日・9日・16日・23日・
28日~31日

2020年

1月の休館日
1日~4日・6日・14日・20日・
27日~31日

2月の休館日
1日~7日・10日・17日・25日

3月の休館日
2日・9日・16日・23日・30日

携帯用サイトQRコード

携帯用サイトはこちら


スマートフォン用サイトQRコード

スマートフォン用サイトはこちら


まめのぶくんです

誕生日:6月2日
年齢:ナイショ

詳しいプロフィールは
こちらを見てね!