文字サイズ


その他展覧会情報

でかける博物館in滋賀県立安土城考古博物館「河内の渡来人~一須賀古墳群のミニチュア炊飯具形土器~」

開催期間:2019年3月1日(金)~4月7日(日)

大阪府立近つ飛鳥博物館と滋賀県立安土城考古博物館の連携企画として、所蔵資料を交換展示する「でかける博物館」を開催します。

河内を代表する群集墳である一須賀(いちすか)古墳群には、6世紀から7世紀初めころにかけて、約260基の古墳が築かれました。埋葬施設からは、須恵器をはじめとしてさまざまな副葬品が出土しています。

そのなかの特徴的な副葬品の1つに、ミニチュア炊飯具形土器があります。
これは5世紀前半頃に日本列島に伝わったカマドをミニチュア化したものです。中国大陸の墳墓では、亡くなった人が死後の世界で用いるための日用品を土器や木製品でミニチュア化したもの「明器(めいき)」を墓の中に納める風習がみられますが、ミニチュア炊飯具形土器には同様の意味がある可能性が指摘されています。出土する地域は滋賀県、奈良県、和歌山県、大阪府、兵庫県と一部に限られるほか、渡来系の遺物を伴うことが多く、渡来人との深いつながりを示す資料と考えられています。

今回の展示では、滋賀県でも数多く出土するミニチュア炊飯具形土器を出土した大阪の古墳について、共伴した資料を交えて紹介します。

会場
滋賀県立安土城考古博物館 第1常設展示室

入館料
大人500(400)高大生300(240)
小中生、県内高齢者、障害のある方は無料
※( )内は20名以上の団体料金です。

【展示資料】

一須賀古墳群I-19号墳
・ミニチュア炊飯具形土器
・釵子(さいし)
・須恵器 短頸壺(たんけいこ)
一須賀古墳群Q-9号墳
・ミニチュア炊飯具形土器
・須恵器 坏身・坏蓋・小壺・高坏・脚付長頸壺(ちょうけいこ)・(はそう)
・金銅製耳環(じかん)
一須賀古墳群WA-1号墳
・ミニチュア炊飯具形土器
・須恵器 高坏、金銅製飾履(くつ)〈復原模造品〉
・金銅装単龍環頭大刀柄頭(つかがしら)〈パネル〉
以上、大阪府立近つ飛鳥博物館蔵

★でかける博物館in近つ飛鳥博物館の情報はこちら
「近江の渡来人―大津北郊古墳群のミニチュア炊飯具形土器―」
…近つ飛鳥博物館所蔵資料を安土城考古博物館で展示します。

館長ブログ Facebookページ

休館日のお知らせ

2019年

3月の休館日
4日・11日・18日・25日

4月の休館日
1日・8日・15日・22日

5月の休館日
7日・13日・20日・27日

6月の休館日
3日・10日・17日・24日

7月の休館日
1日・8日・16日

8月の休館日
☆夏休み期間中は休館日なし☆

9月の休館日
2日・9日・17日・24日

携帯用サイトQRコード

携帯用サイトはこちら


スマートフォン用サイトQRコード

スマートフォン用サイトはこちら


まめのぶくんです

誕生日:6月2日
年齢:ナイショ

詳しいプロフィールは
こちらを見てね!